社会保険労務士が語る「看護師と医療制度改革」

 

Contents

療養病床制度と在宅医療との関係 後期高齢者医療制度の保険料 医療における外資系と内資系の戦略 新薬承認の治験と申請 新薬の開発費について 看護師とジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品の使用促進 CRO業界の急成長と今後

診療所と病院の連携

診療所と病院の連携

看護師という職業は病院の大小に関わらず、医師がいるのであればほぼ必ず必要となる人材です。 「村」と呼ばれるようなごく小規模の共同体であれば1人の医師だけで診療所を切り盛りできるというケースもありますが、昨今の社会においては共同体が小規模であるほど高齢者の比率が高く、 診療所などの稼働率は高くなるという傾向が存在しています。そうした環境化において医師が1人ですべての村民の健康管理を行うということはまったく持って現実的ではないため、 施設規模の大小に関わらず、医療施設があるのであれば看護師が存在しているということになります。

ですが看護師不足の状況が深刻化している昨今において、病院・診療所問わず、十分な人数の看護師が在籍しているという医療施設はごく少数になっているというのが実情です。 ごく限られた医療従事者だけで健康管理をしていかなくてはならない状況が、すでに始まってしまっているのです。

ハローワーク看護師といったサイトがあるように、看護師の仕事は激務ですので、離職や転職を 考える看護師も多く、看護師不足は深刻です。ではそうした状況において医療という業界はどのように対処をしているのかというと様々になりますが、 その中の一つとして存在しているのが「診療所と病院の連携」です。

例えば先述した村のケースであれば、診療所の医師のみで対応をすることができ、主な治療は在宅で行えるというような比較的経度の疾病を抱えた患者であれば診療所が診療を行い、 症状が重篤であるために医師や看護師が時間をかけて治療を行わなくてはならない患者であれば診療所から病院のほうへ連絡を行い、その患者を病院へ搬送するというような連携が行われています。 こうした連携はかつてより様々な業界で行われてきましたが、こと医師・看護師が不足している医療という現場においては特に重要な取り組みの一つです。 そして何もこれは、診療所と病院の間でだけ行われているということではありません。

例えば二つの比較的大きな病院があったとして、大事故の発生やインフルエンザの大流行など、何かしらの事態によって多くの患者が発生したという場合であれば、 キャパシティを超える患者が一つの医療施設に殺到しないよう、互いに情報を交換し合って患者の割り振りを行うというような取り組みもごく一般的に行われています。 今後の日本は少子高齢化が進行していく社会であると見られており、そうした社会では必ず患者数の増加が発生します。限られた医療スタッフで日本の医療を守っていくため、 現場では今日も診療所・病院、もしくは病院同士、診療所同士での連携を含め、さまざまな取り組みがなされているのです。

 

医療の地域連携の必要性

医療の地域連携の必要性

日本の医療の提供を行う体制として、社会全体の少子高齢化の進展に伴い、従来型の病院完結によるものから、老齢期の患者に対して地域全体で活動を行い、 地域完結型の医療への方向性の推進が必要となっています。

社会保障改革において重要なものの1つに、医療と介護の地域連携を行い包括的なケアシステムのネットワークを構築することがあります。

地域連携による包括的なケアシステムについては、患者が在宅で生活を継続的に行うなど、出来る限り住み慣れている地域において医療、介護、住まい、疾病の予防、 要介護者への生活支援サービスなどの包括的な支援などにおいての構築に取り組むこととされています。地域連携によるケアシステムは医療と介護を一体的なものと考えて検討が行われています。

社会保障改革が実行を推進させるために必要な財源の確保については、病院や病床の機能面について分化したり、在宅による患者のケアを推進すること、 病気を予防できるための基盤の整備などによって確保していくことが考えられています。

病床の機能についての報告制度を導入し、地域連携できるビジョンの策定もなされています。病床などの機能についての情報を、 都道府県に報告する制度を導入しなければならない必要性について指摘がなされています。地域連携が行えるビジョンを実現するために機能を分化し、 中期的な医療の計画と病床を適切に区分けすることなどの有効な手段がなされなければなりません。都道府県が積極的に医療を提供できる体制に対する責任を果たすことができるように、 医師や看護師などのマンパワーについての権限や役割における拡大を検討する必要があると考えられています。

この医者や看護師などの人員体制の整備については、医療保険者の意見に基づいて進めていくことが良いと言えます。また、高齢化社会によって患者の高齢化が懸念されることに対して、 総合的な診察をすることのできる医療従事者の育成や、職務の見直しをしてチームとして確立させることが重要です。医師や看護師などの医療に従事している様々な職種のスタッフそれぞれが、 高い専門的な知識や技術を身に付けていることを前提として、治療方法や患者の情報をお互いに共有し、業務面においては分化しながらも情報などについてはお互いに連携しながら、 患者の疾病状態を判断して的確に対応できるような医療の提供が求められており、看護師については役割の範囲を広げる検討がされています。